CSS HOME >> 公務員試験の必勝学習法

公務員試験の効率的学習法

過去問の重要性

公務員試験は、過去に出題された問題の焼き直し問題が8~9割出題されます。疑われるかも知れませんが、驚くほど似た問題が出題させます。
また、公務員試験で「試験に出題される8割は、科目全体の分量の2割」(パレートの法則)です。一般的に公務員試験は教養6割、専門7割とれば十分に合格できます。そのためには「出題される8割つまり全体の2割」(パレートの法則)を集中的に学習することにより合格可能性は高まります。
そのため過去問を研究し対策を立てることが公務員試験の最良の学習です。

CSSの対策 CSSでは、過去問を十分に研究した専任講師が、試験に出る範囲を出るレベルでオリジナルテキストで講義します。また、講義後は主要科目について過去問演習会を開催し受講生の皆さんに個別指導を行います。

難問奇問の排除

難問奇問は出題されても全体の1~2割です。また、多くの受験生が間違うため相手にしなくても十分合格できます。また、公務員試験では識別率というのがあり、これに反するような難問奇問は2度と出てきませんので、基本的に相手にする必要はありません。重要なのはオーソドックスな問題を確実に得点する基礎力と思考力です。

CSSの対策 CSSは基礎と思考力を重視し、最少の努力で8~9割出題されるオーソドックスな問題を確実に得点するように指導します。

理解と得点は別

講義を聞いて理解したからといって、イコール点数がとれるというわけではありません。理解と得点の間には十分な復習が必要です。また、エビングハウスの忘却曲線からわかるように、講義を聞いて理解しても復習をおろそかにした場合にはすぐにせっかくの知識を失うことにもなります。

CSSの対策 CSSでは、講義の最後に必ずポイント確認をしたうえで、主要科目につきすぐに過去問演習会を開催し、知識の定着と得点力のアップを図ります。また、担任講師を中心として、講師が常駐し質問をいつでも受け付けています。
<エビングハウスの実験>
ドイツの心理学者のヘルマン・エビングハウスは、長期記憶の忘却について実験を行い、記憶してから一日経つと、急激に忘れていきますが、その後はゆるやかに忘れていくという結論が導かれました。これを表したのが忘却曲線です。

王道は問題集を何回転させるか

公務員試験の学習の王道は問題集を何回転させるかです。
3冊を1回ずつやるより1冊を3回やった方が効果的です。原則として攻め科目は5回転以上、守り科目は最低でも3回転させるようにしましょう。そんなにできないと思うかもしれませんが「2回目は1回目の半分の時間で倍の効果があります」試験までは十分にこの程度の分量はこなせるはずです。
また、講義は先に進んでいるのに、復習の問題集がだいぶ前の内容であるというように、講義と復習の乖離を生じさせるのも非常に効率が悪い例です。 1回目はうろ覚えでもかまわないですし、簡単な問題だけでもいいので、講義にマッチアップさせて復習し、2回目は1回目でまちがった問題と、やらなかった問題、以降はその繰り返しで知識を繰り返します。
試験に必要なのは正確な知識です。何度も繰り返し得点力をアップさせましょう。

CSSの対策 CSSでは、講師が常駐し、わからない論点をすぐに説明するだけではなく、復習の仕方や、各段階における問題点などを直接指導します。

冒頭効果と最新効果

講義や読書などで、初めと終わりをよく記憶しているという経験はだれでももっていると思いますが、これを冒頭効果と最新効果といい、学習はあまり長時間やらず、適宜に切った方が効果があることがわかっています。

CSSの対策 CSSでは、冒頭効果と最新効果を活用するため、講義を1コマ60分×3回に設定し、集中力の維持とより記憶に残る講義を行います。

学習方法

公務員試験は能力云々というよりは、学習のやり方に影響される部分が大きい試験です。
先輩合格者の学習方法、科学的学習方法も含め皆さんに合った学習方法を考え、効率的な学習を行うことにより短期合格が見えてきます。

CSSの対策 CSSでは、戦略的ガイダンス、クラスミーティング、個別相談を通じ受講生の皆さんに、学習技術のみならず計画なども含めた学習法を提案します。

公務員試験は個人戦ではなくチーム戦

公務員試験は情報戦の側面もあるうえに、学習期間が長期にわたります。実際に過去の合格者を見ていると成績は関係なく受かるグループはみんな受かる、落ちるグループはみんな落ちるという傾向があります(グループの法則)。

CSSの対策 CSSは、学校をチームと考え、受講生のネットワークを築くため、親睦会、各種イベント、合格者座談会を実施し、合格するチーム作りを後押しします。

メンタル、モチベーション

長丁場の試験、時にはスランプに陥ったり、自信をなくしたり、悩んだりする時期が必ず来ます。スランプに陥った時はよく休めといわれますが、実は休まない方がいい場合もあります。また、皆さんよりもっと自信がなくても合格した先輩もいます。

CSSの対策 CSSは、経験豊かな、講師、職員が、いつでも、何回でも個別相談にのります安心して相談に来てください。

最重要な面接対策  

当然に一次試験は通らなければいけませんが、近年の公務員試験では面接が最重要といっても過言ではありません。面接は準備と練習により結果が大きく異なります。面接で必要準備は、自己分析、自治体・官庁研究、評価ポイントに適合した面接カード、所作・動作、受ける試験に合わせた受け答えの準備、模擬面接による経験等たくさんあり、やりすぎということはありません。

CSSの対策 CSSでは、入校より面接準備をいち早く初め、志望先の過去のデータから、志望先に合わせた徹底して面接対策を行います。さらに、少人数制だからできる受講生を理解したうえでの指導・提案を行い、面接には万全の態勢で臨めるようしっかりとサポートします。
公務員試験を熟知した実力派専任講師陣が、あなたをフルサポート!お気軽にお問い合わせ下さい。千葉大前校 043-207-2828 中央大前校 042-670-1212 受付時間  平日、土曜日 13:00~20:00 日曜・祝日および2・3・8・9月の全日10:00~20:00 定休日  毎月15日、年末年始
メールでのお問合せ
教材購入はこちら

↑ページの先頭に戻る